アドセンス



コメント

「依存」と言う名の甘い罠

更新日:

前回、ある読者の方からの
コメント内の質問に答える形での
記事を書きました
それについて、その方から
再度コメント頂戴したんですが

それを読ませていただいた後
「もう少し一言二言を添えておけば
良かったかな~」
と後悔しました

と言いますのも
前回の記事は
「その方」宛てのものでもある
と同時に
同じ様な悩みをお持ちの方々への
メッセージでもあった訳ですが

その旨、念を押しておくべきだったかな
との後悔です
今回も同じ趣旨ですので
勘違いなさらない様
お願いします
 
 
 
まるで見下しているかの如く
辛辣で冷酷な意味に読める記述が
記事中にあったのは承知していたんですが

あれは
ハッキリ指摘されないと
理解できないタイプの人へ向けの表記です

その手の方向けに
通常、日本人相手ならば
オブラートに包み表現する所を
わざと、ああいった言葉で表現しました

ひょっとして
それでコメント主の方を
傷つけてしまったかもしれません
もしそうならば、お詫び申しあげます

当人は謙遜されていましたが
私はコメント主の方を
未熟者とは思いません
確かに入会間もない方より
キャリアを積んだ会員の方が
会内での知識は多いかもしれません


それが即ち、悟りではない
とも言えます

長く会員を続けているからと言って
必ずしも優れたる人格である保証など
どこにも無く
私の悟りとて
大した事無いかもしれません

どんな人であろうとも
(地獄の悪魔であろうとも)
私より悟った部分はあるはずですし
私より悟れていない部分もあるはずです

要は、全ての存在が「発展途上である」
て事で
高級霊とて例外ではありません

宗教的「許し」も
ここから発生するものです

相手が根本仏であれば
許す必要も無いでしょうが
所詮はお互い発展途上にあるもの同士
許し合うしかないじゃありませんか

目糞が鼻糞を笑っても仕方ない訳です
 
 
 
前回の記事で言いたかった事の一つに
依存心は捨てるべき、との考えがあります

特定の「誰か」に「何か」に
依存する、との行為は
なにせ「気が楽」なので
誰もが陥り易い罠ですが

麻薬と同じで
一度ハマッてしまうと抜け出しがたく

しかも、長年に渡って続けてしまうと
かなりマズイ精神構造が出来上がります

人間とは基本的に精神的には
独立独歩でなければなりません

協調性をもって共同作業をこなす能力は
それと全く異なる別な悟りであり
必要なものでありますが

たとえ皆と共同で何かをやっていようとも
それぞれの人は精神的に
独立していなければなりません

(言い方が非常に
マズイのは承知していますが
解り易いのでこう書きますけど)
この「独立心」を損なうと
「一人の人間」と言うより
「飼い犬」「飼い猫」のレベルに
精神が堕してしまいます

依存心の強い人は
自分の幸不幸を他人のせいにします

地獄にいる魂は殆どがそう

確固とした
アイデンティティを築けていない人は
大なり小なり似た傾向にあります

私は依存心が強いがために
不幸になって行く人を
今まで大量に見てきました
女性に高い割合で存在する様に思います
 
 
「でも信仰とは
仏神に依存する事ではないのか?」
そう考える方もいらっしゃると思います

確かにそういった部分もあるでしょう
でも100%ではありません

「依存」と「信仰」「素直さ」は
似て非なるものです

独立独歩の信念を持たず信仰する人は
悲しい事ですが
悟りを得るのは難しい
と言えるでしょうね

AdMax

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ



-コメント
-, , ,

Copyright© 私が信じてやまない幸福の科学 , 2018 All Rights Reserved.