バカみたいな自慢

スポンサーリンク

幸福の科学関係の学校に通う
我が子に聞いた話なんですが

何かと言えばすぐに
身内にHS最初期からの会員がいる事を
語り出す人がいる、との事

これは一見正しい価値観、故の誇り
である様に見えるんですが
実は違うんです
 
 
これを勘違いする人
甚だ多し、なれど

HS会員歴の長さ、と
その人の悟りの高さ、信仰心の強さ、に
相関性は微塵も有りません

肝要なのは
その人がどれだけ努力してきたか?
どれだけ心が仏の方を向いていたか?
であり
(天上界では数値化できてます)
単に会員であった時間が長いか否か
は何の基準にもならないんですよ
 
 
こんな話、書きたくもなかったけど

恥ずかしい事をドヤ顔でノタマウ人が
アチラにもコチラにもいて

精舎に行くと度々そんな人を見る

あまりにも惨めったらしくて
見てられないんで
書かせて頂きます

気持ちは分かりますけど
もう止めましょうよ
みっともない
 
 
さて、では何故
古い会員であればある程に尊い
と考えてしまう人が後を絶たないのか?

それは心が、この世的な価値観に
染まっているからです

日本には未だに「年功序列」
と呼ばれるアホ臭いシステムが
残っていますし
「長幼の序」なんて
これまた原始人チックな考えが
深く浸透してます

この価値観に心が染まっているが故に
会員歴の長い人は尊い
と考えてしまうんですね

※「年功序列」や
「長幼の序」が間違っている
とは言いませんけど
すでに古くさい価値観であり
なによりも実力が問われる現代には
対応しきれていないのは確か
あの考えは「中庸」と同じく
民の教養が極端に低い時代であった故に
流布された価値観に過ぎません
 
 
そして

どうして、そんな
学歴や社会的地位を誇るのに近い
会員歴と言う「この世的」な
愚かな自慢をするんでしょう?

どうしてなんでしょうかね?

それは・・・・・・

中身が何も無い人だからです

カラッポなんですよ

天に向かって、神に向かって
胸を張って誇れるモノが何も無いんです

この世的な尺度でしか
誇れるものが無い

中身が有る人なら
言えば言う程惨めになる
そんな自慢はしません
 
 
「あぁ
お前は年が若くて
しかも会員歴が短いから
そう考えるんだな?」

と思った人
いるかもしれませんが

私は、そんな年齢ではありませんし
初期からのHS会員です

そんな低レベルな事誇る程
落ちぶれてはいない、だけの事

このサイトの文体を
若干アホ風に書いてるんで
私を青年~中年くらいに
思う人が多い様ですが
残念ながら、もっと年上なんですよ

真面目くさった文章なんか
読みたくないでしょ?

小難しい文を好んで読み
軽い文章を見下す
その手の人は
知的劣等感に塗れていて
知的な生活を追い求めれば
それが払拭される、と信じ
一生懸命に実行してる
それだけの話
(そんな方法じゃ無理なんだけどなぁ)

文体の難しさと
内容の髙下には
何の相関性も有りませんので
読む人が楽に理解出来た方が
良いんじゃないでしょうか

と私は考えます
 
 
閑話休題

戦後から数えて
我が国に大挙して降ろされる魂群は
すでに第4世代になっています

その魂群は、第3世代の
「御坊さんの魂」と特性が
かなり異なりますので

いつまでもアホな事自慢してると
その世代が大きくなった暁には
白い目で見られますよ

止めましょう
 
 
冒頭の「子供」ですが
まだ年が若いんで
親の価値観の影響から
抜け出せてないんでしょうね

あと10年程経って
精神的に自立すれば
そんな事言わなくなると思います

だって第4世代なんだから

と言いつつ、その時代に産まれる魂が
全員同じ様な特性を持つ訳じゃないんで
その子が第4世代の
特性を持つのかどうか?
は不明だけどね

あくまで全体的に見ると
「その特性」を持つ魂が圧倒的に多い
そんな話です
 
 
最後に

古参の会員の皆さんを貶してる風に
読める記事になっちゃいましたので
書かせて頂きます

昔からの会員の皆さんの努力で
会が存続・発展してこれたのは
紛れもない事実ですので

そういった意味では
古い会員達は尊いかもしれませんね
(ああ・・・・恥ずかしい・・・・ゴメンね)