アドセンス



コメント

他人の心の声がウルサイ時

更新日:

コメントにて質問を頂きましたが
その中で
少々気になる事が書かれていました

コメント下さった方は
メールでの返信を希望されてるのですが
こちらにて返答させていただきます
理由は
他にも同じ様な事で悩んでおられる方が
多数いらっしゃると思われます
ほんの少しでも、そんな方の
お役に立てれば、と私は考えますので
あえてブログ上で返答させて頂きます
 
 
頂いたご質問は

「他人の心の声が聞こえてきて煩わしい
見分け方や対処方法があれば教えて欲しい」

と言ったものです
 
 
他人の心の声が聞こえてきた時の
対処方法ですが・・・・
 
 
 
 
 
私からの答えは
 
 
 
 
 
 

特にありません

 
 
 
???????????????????????
 
 
 
 
私も支部で、こんなウザイ経験があります

支部に20代前半の
女性職員が赴任して来られたんですが
ある日、その方と
バカ話に花を咲かせてると

「○○さんもやっぱり他の男と一緒なんだ
若い女の方が良いんだね・・・」

て念が飛んでき
発信者が誰かも
明確に分かってしまいました

私はギョッとして念発信者の方に
反射的に振り向いてしまったんですが
彼女は知らん顔で下向いたまま
もくもくと作業をされていました

私は、その女性を普段から特に異性として
意識している訳でもなく
意外と言えば意外
まあ、ハッキリ言って迷惑です
 
 
これは、そのうち書こうと
思ってはいるんですが
ある程度の年齢がいった男性は
年若い女性に惹かれる一面があるのは事実

これを「ピチピチした新鮮な肉体に
惹かれるからだ」
と考えてしまう人は

人生経験が不足している
(年齢は関係ありません)
または
他人との関わりが少ない
(上記と似た意味ですけど)
または
極度の唯物論から脱皮できていない
の、どれかであり

悲しいかな、そう考えてしまう
「その人」こそが
性欲をコントロールできていない事の
証明でもあります
 
 
話がそれましたが
こちらに向かって放たれた念は
霊的な人であればある程
どうしてもキャッチしてしまいます

ちなみに私の妻は支部に行きたがりません
精舎ばかりに行きたがります

その理由は、支部には知人が多く
その人達の心から
あまりにも醜い心の声が聞こえてくるから

「私の方がアンタより美人よ」
「私を尊敬してよ」
「私の悟りを褒めてよ」
「私に一目置いてよ」
「私は偉いのよ!アンタより上なんだから」
とまあ、聞くも悲惨な内容ばかり

こんな下等な台詞をずっと聞かされてると
彼女でなくとも
支部に行きたくなくなると思います
(この声は私にも分かりますが
いかんせん私に対する念ではないので
あまり気になりません)

その様を例えるならば
「リッツカールトンに泊まったらトイレが
汚物入れみたいに汚れてた」
そんな感じ
と彼女は表現してました
 
 
私の場合は、ですが
あまりにウザイ念に対しては
相手の守護霊に
「アンタの魂の兄弟下らない事考え過ぎ!
二度と近寄るな!」と
仏様の如く優しく注意して差し上げます
(良い子はマネしちゃダメよ)

そうしておくと、相手が敏感な人なら
しばらくの間
下等な事を考えなくなりますので

ただし
あまりにも敏感な人にこれをやると
守護霊ではなく
当人に聞えてしまう場合がありますので
要注意

この類の技法等に関し
質問は一切お断りします
こう言った事を
主が詳らかにされないのには
ちゃんとした理由があるからです
その理由とて明かせば
悪影響を被る人達がいますので
秘密にさせて頂きます
 
 
 
また話がそれてしまいました

えーーーっと
他人の「心の声」が意図せず聞えてくる
場合の対処ですね

その霊的な耳の開閉が自分で
コントロールできればベスト
ではあるんですが
(耳と表現しましたが
心の中に相手の思念が飛び込んで来る
感じなんでしょ?)

これは難しいので
まずは御自身の心の修練を
第一に考えてみてはどうでしょう

人間は皆、表に見えている姿と
内面は異なります
どんな優れた人であろうと
例外はありません

なぜなら
それが三次元の特性の一つだから

ありきたりな返答ではありますが
とにかく、気にしない事です

聞えてくる他人の心の声は
徹底的に無視して下さい

それに興味を持って
聞き入ったりしてますと
そのうち悪霊がチョッカイ出してきます

悪霊で済んでるうちはまだいいのですが
幸福の科学の会員であれば
いずれ高い確率で悪魔が介入してきます

こうなると厄介ですよ

(ただし
悪魔は巧妙にコチラの深層心理に潜む
三次元特有の欲を利用しようとしますので
見破るのは、ある意味簡単です
普段から自分の深層心理を
把握できてさえいればいい
だけの話です)

ですので
その「他人の心が読める」能力が
自らの意思でコントロールできる所まで
自己研鑽が出来た!
と客観的に確認できるまで
(精舎研修に参加されれば解り易いですよ)

心の声が聞こえてきても
相手にしない様心がけていれば
大丈夫かと存じます

「人生は一冊の問題集」
このフレーズを常に忘れない様にも
心がけていればベストかと
 
 
それでも、どうしても
気になって気になって仕方がない
そう思えるならば
実に簡単な解決法が
一応有る事は有るんですが
万人向けでないので
あまり書きたくないんです
 
 
 
 
それは・・・・・・・・
 
 
 
 
身体を鍛えて下さい
生半可なトレーニングでは効果薄いです
効果的なのは「腕立て伏せ」です
腕が自分の意思で動かせなくなるまで
やってみましょう
毎日

これは効果大です
 
 
 
追伸

すでに説かれている教えを深く学び
思慧し実践する事により
非常に特殊な人を除き
人生のほぼ全ての悩みは解決できます

厳しい様ですが、まずは徹底的に
自己研鑽に励まれる事を望みます
それをせずして安易に
他人に頼ろうとする行為は
地獄への特急席になる恐れがあり
お勧めできません

さらに言うならば、それをやった上で
どうしても自力で解決できない悩み事は
支部や精舎等で相談されるなりして
解決した方が当人の為でもある
と私は考えます
 
 
乱文につき失礼がありましたなら
お許し下さい

では

AdMax

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ



-コメント
-,

Copyright© 私が信じてやまない幸福の科学 , 2018 All Rights Reserved.