AX

アドセンス



雑記

芸術について

更新日:

今回の記事は
現代アートに携わる方々にとり
かなり不愉快な内容となっています
よって関係者の方は
読まれないのが賢明かと存じ上げます
 
 
以前書いた記事
現代アートへの、息子の守護霊の意見が
含まれていましたが
その見解には私も同意です

以下は、私の(芸術関係の)
霊界の師匠に教えてもらった内容です
現代アートについて、こう仰ってました
 
 
「私としては、あれは芸術と言うより
哲学、と言いたいところです」

「仏はどう見られているのか
分かりませんが
私個人の考えを言うならば
芸術と言うものは
基本的に美しくなくてはならない
と考えます」

「現代アートのほとんどは
美しくありません」

「彼らは言葉や文章で自分の考えを
表現する能力が低い為に
ああいった手法で自分の意見を
発表しているだけの事で
美しさも崇高さも無い様に感じられます」

「そこにあるのは製作者の主張や意見のみ
でしかありません」

「否定する訳ではありませんし
面白いのは確かですけどね」
 
 
テレビに、現代アートの旗手の一人
と表現されていたが
韓国籍の男性が出ているのを見た事がある
(名前は失念した)

大きな石を床に置かれた
大きなガラスの上にポンと落とした作品で
石と割れたガラスだけ
の作品が出てきました

そこから感じられるのは
「差別されたコンプレックス・悔しさ」
でしかないんですが
解説してる人も誰も、それが解らなくて
感じられなくて
「ホォ~」と
感心してました
 
 
私もまだ発展途上でしかありませんので
こんなこと書くのは
僭越ではありますが・・・・

芸術は悟ってる人が少なく
(芸術の悟りは生活必需品でないのが
理由だと思います)
一般の人のみならず関係者までもが
殆ど悟れていないままで
携わっている

私としてはあれで楽しいんだろうか?
とも思えるんですが
そんなの「余計なお世話」なんでしょうね
 
 
世の中には
地獄界に通じているのに
高評価されている作品もあります

それなど
「何だかよく解らないけど
理解出来ない、て事はきっ崇高な何か、があるに違いない」
と考えるんでしょう、きっと

でも、それは誤解

本当に真理に適った作品でも
認識出来ない人から見れ
ば同じ様に感じられますので
そこから
こんな誤解が生ずるんだと思います
 
 
中身がスッカラカンな作品は
「ただの造形」「ただの絵」であり
テクニックがあれば誰でも作れます
そして
テクニックは今世だけの短時間の訓練で
簡単に身に付くものでもあります

しかしながら才能と言うか感受性と言うか
表現力と言うか
その類は無理

なぜなら幾転生もやってきたからこそ
得られた悟りで
高々50年や60年の訓練で
得られるモノではありません
(芸術に限らず、才能と呼ばれる
類の能力は全てそうです)
 
 
「魂のこもった作品」は
テクニックだけでは描けないんです

そこに何らかの「美」か「愛情」か
まぁ何でもいいんですが
観る人の魂を揺さぶる「理念」が
込められてなければなりません

「悟り」とも表現できるでしょう

例えば、色にだって
その色なりの「意味」が「理念」が
あるんですよ

学校で習う
色の配置の事を
言っているのではありません
「色そのもの」の事です

これは学校では教えてくれません

ですので色使いは非常に重要です
 
 
ちなみに「魂がこもった作品」と
「良い作品」
これはこれで全く別物です
(言葉の遊び、みたいな
感じではありますが)

魂がこもった作品は沢山ありますが
良い作品はほとんどありません

この場合の「魂がこもった」とは
全てを捧げて一生懸命に
作り上げたものを指します

そして「良い作品」とは
「あの世の高級霊をも感動させる作品」と
の意味です

天上界曰く

世界的に高名な画家でも
「良い絵」は
生涯に1枚かそこらしか
描けていないそうです
 
 
 
他にも
平面の作品より立体の作品に携わる人は
若干、幸福の科学で言う所の
「裏霊界」的な所がある

解り易く表現しますと
俺が!私が!との
「自己主張が激しい」訳です
 
 
あと
御存知の方、多いでしょうが
絵でも彫刻でも
当人が
一生懸命製作したものであればある程
その人の当時の心境が克明に刻まれ
(能力を持つ人なら)一見しただけで
全てが読み取れてしまいます

これは芸術でなくとも
全てに言える事ですけど

AdMax

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ





-雑記
-,

Copyright© 私が信じてやまない幸福の科学 , 2018 All Rights Reserved.