辛さは未来の宝物

スポンサーリンク

最近、小さな子供が亡くなったり
行方不明になる
そんな、悲しい報道が目につきます

それを見て
こんな事を思い出しました
 
 
私の自信の一つに
妻や子供を心の底から愛し抜いてきた
と言うものがあります

長年、無私の心で
私の言動が妻や子の
将来の糧となる事を常に心掛け
家族に尽くしてきました

この点は
誰に対しても、天に対してでも
胸を張って誇れます

お陰さまで、どの子も
成人してからも
こんなアホな私を尊敬してくれ
慕ってくれています

本当に本当に有難い限りです
 
 
そんな私には
家族を実に辛い亡くし方で失った
過去世が何度も有る様で

ある日
子供の真理の質問に答えていて
ふと、その数々の過去世を
思い出した様に感じました
(そのうちの幾つかは
某霊人らに教えられ
一応知ってますが
ちょっと珍しい内容です)

そして、それらが原因となり
家族を心底愛し抜ける人間に
なれたんではなかろうか?と
その瞬間、ビビッと思えたんです

きっと渦中においては
神をも呪わんばかりに
悲しんだ事でしょう

ですが、今の日本に生まれている魂は
過去世で一度も信仰を
捨てていない魂ばかり、だそうなので
私も信仰を捨てる所までは
行かなかったんでしょう、きっと

ちっとも分かりませんけど
 
 
とりあえず

それに気付いた瞬間から
私の中では大きな変化がありました

それは
どんな苦しみも悲しみも
感謝で受け入れられる様になった事

今は辛いけど、この辛さが
未来の私の頭上を飾る

この出来事は全て
仏の愛がなせるワザ

それが知識ではなく

実感として感じられる様になったんです

苦しみ悲しみが大きければ大きい程に
「ああ・・・・これは今、仏から
大きな武器を授けられているんだ」

と思える様になったんです
 
 
今世、私は家族を愛せる事が
本当に幸せです、が

前述の点に気付く瞬間まで
その点について
深く考えた事がありませんでした

どうして、こんなにも強く
妻や子供を愛せるのか?

ただただ愛おしく
皆のためなら全てを捧げられる
と思えるんですが
今世の私は親にそこまで愛されず育った
と記憶しています
極普通の愛され方だったと思います

時には両親のエゴも垣間見れ
子供ながらに

「こんな所でエゴを出すとは
未熟な親だなぁ」
と思ってましたし

「僕の親は間違ってる
僕は親になっても
あんな風に子供に接さないぞ」

とも考え

中学生の頃から将来の家族への
接し方を模索していたのを
記憶しています

変な話ですけど
 
 
今現在
苦しみの渦中に、悲しみの最中に
置かれている方へ

辛いと思います

こんな言い方で
貴方の苦しみが
和らぐ事は無いかもしれません

ですが

それらの体験は全て
貴方の人格を広く太く成長させる為に
仏が下さった大事な宝物なんです

貴方を心の底より愛するが故
仏が下さった出来事なんです

仏は全ての人を、全ての存在を
心の底より
愛して下さっています

実際、エル・カンターレに接してみれば
その愛が如来等の高級霊とは
桁違いである事実を
肌で感じられると思います
(エル・カンターレ指導の
精舎研修・祈願を受ければ
直接、接触できますよ)

貴方の事を、この世の誰か、や
地獄の誰か、が不幸にしてやろうと
起こした事象も有るかもしれません

でも全ては創造主の掌の中なんです

創造主の視野の外で
悪さ出来るモノなんて
活動出来るモノなんて
存在しえないんです

どんな悲しい出来事だろうと
創造主が未来の貴方の為に
起こして下さった苦しみなんです

良薬口に苦し、と言うでしょ?

今はまだ、それが分からない方も
そのうち分かる時が来ます

帰天すれば理解できます

全ては仏の、創造主の、愛なんです

それを、ほんの少しでも結構です
心の片隅に置いておいて下されば
有りがたく感じます

んじゃ、これにて