時々感じる魂の飛躍 part1

スポンサーリンク

コレコレコレの三つの記事に
書いた内容ですが
先日もハッキリと
その一連の流れが実感出来ました

人生で何か大きく階段を登ろうとする時
大きな飛躍をしようとする時
私には必ずと言っていい程の頻度で
阻害要因が立ち現れてまいります

そして、それを克服した暁には
それまでと違う「我」が
実感されるんです
 
 
その
ビフォーアフターの差異ですが

具体的には
より信仰心が強くなります
霊力が格段に増します
エル・カンターレファイトや
ヒーリングの効きが
まるで別人の如く
強化されているのが実感されます

他にも色々有るんだろうけど
今ハッキリ解っているのは
この程度かなぁ
 
 
あくまで私個人の話ですので
全ての人に当てはまるとは
思えないものの
少しは共通点が有るんじゃないか
と考えられますので書いてみます
 
 
どんな風に一連のサイクルが
進捗してゆくか、です・・・・が

まず最初に

特にキッカケは無いんですけど
(気付いていないだけかもしれません)

ある時、急に心境が落ちるんです

恐らく
この魂を黄金系に改造する動きは
かなり過酷で
タイミングを間違えると
物理的に死亡してしまいますので
主は最適なチャンスを
待っているんだと思われます
 
 
この時、私の場合
エル・カンターレへの信頼が揺らぐ事は
無いんですけど、幸福の科学の組織への
信頼がかなり揺らぎます
(ちなみに、あの世の組織の事です
この世の組織は元々
あまりの仕事能力の低さから
信用したくても出来ない点が
どうしても拭えず
全面的には信用しかねる)

エル・カンターレに対する信頼が
どうして揺らがないのか?ですが

私の信仰心が素晴らしい!
なんてアホな事言うつもりは
微塵もありません

仏が全てを創設し統治しているのは
厳然たる客観的な事実ですので
それを疑うのは
「概ね昼は夜より明るいものだ」
これを疑うに等しい訳です

事実は事実な訳で
信じるとか信じないとか以前の話

よって、その部分が揺らぐ事は
今まで一度もありませんでした
 
 
でも、この時
天上界の霊人への信頼は
地に堕ちます

面倒臭いから関わらないでくれ!
としか思えなくなります
 
 
心境が回復した後に思うと

守護霊は、そんな小さい事
全く気にしないヤツですので
どうでもいいとして
その他の協力してくれてる霊人には
気の毒な事したなぁ
と後悔したりもします

でも

今世は
今までこの星では一度も無かった
特別過ぎる転生で
あの世の霊人は皆、未経験な訳です
ですから私がどれだけ感謝を忘れ
指導霊達を忌み嫌おうとも
「まっ・・・・いっか」と
開き直っちゃたりもしてます

それどころか逆に
「お前らこんな過酷な転生
経験ねーだろボケ」
と毒づいたりします

でも、彼らも負けてはいません

「今世は伝道で命が狙われる事も無く
安全な転生で良かったですね」
と、のたまわれる

「アホかおめーらは
もうすぐそーなんのよ
知ってるだろがっ!」

と言い返す私

無益で無意味な問答ですな
 
 
一連のサイクルの次なる段階は

その悪魔をも凌駕しそうな心境が
結構な期間続きます

嫌でしょ?・・・・・・ムフフ

私の場合で1週間から2~3ヵ月
程度でしょうか

あまりにも精神的に過酷なんで
肉体の方にもハッキリとした痕跡が
出現するんですよ、これがまた

女性は嫌がるだろうけど

まず・・・・老けます
体力が落ちます
 
 
ですので
サイクルが終焉したなら

体力作りに、若返りに
励む必要があります

でなけりゃ、あっと言う間に
お爺ちゃん化してしまい
人生の目的を果たすどころか
歩くのさえ困難になっちゃいますからね

兎に角
体力が落ちるんですよ
当然、それに正比例して
気力が萎えます

よって
ひたすら筋トレに励み
肉体のエネルギーを操作し
若返らせます
 
part2に続く