愛の神エル・カンターレ

スポンサーリンク

私は基本的に暖房・冷房を
使わない人間です

なんでそんなセルフSMやってんのか
と申しますと

夏が近づくと身体を暑さに慣らし
冬が近づくと寒さに慣らす為です

そうしとけば
イザという時に困らなくて済むし
寒暖で苦しむ事も少なくなります
 
 
そんな訳で猛暑の今年も
夜寝る時はモコモコフリースの
長袖シャツとタイツを着て
その上にパジャマを着て、寝ます

ホントは暑くてたまらん

家族には「頭イカレてる」
と言われてます
 
 
それとは全然関係無い話ですが
(じゃ書くなよ、て思った?)
先日、仕事の問題で苦しみに苦しんで
正真正銘1分も寝られない日が
何日か続きました

ベッドの中にいる時間そのものが
元々すっごく短いのに
その間ず~~~っと
苦しんでたんです

まあ、これも自営業の醍醐味
ってやつかもね
 
 
ある日、いつもの通り
クッソ暑いな~
と毒づきながら寝てたんだけど

その日は、時間と共に
妙に心境が悪くなっていくんですね

どんどん・どんどんと
暗い思考に染まっていきます

そのうち
「あ~もうメンドクセー
もう地球での転生は止めた!
転生の無い星に移動させてもらおう」
と、真剣に考え始めます

「う~ん、どうしよう
自分じゃ出来ないから
エル・カンターレに頼むしかないなぁ
でも、そんなの
許可が下りるとは思えんなぁ」

「そうだ!今世が及第点なら
他の星に行かせてくれ
つーのはどうだ」

とか悶々と考えてたところ

心の中に主の御言葉が響いてきました

貴方の苦しみは
全て私が引き受けます

涙チョチョ切れました
 
 
主にこんな優しいお言葉を頂戴したのは
これで2回目

他にもあったのかもしれないけど
私が自覚できたのは2回だけ

1回目は今世最大の悲しみに
打ち震えていた時
何年か前の話です

それまで何度か
苛烈な経験はしてきました

その都度、本当に苦しみつつも
何とか踏ん張れた、そんな感じ

ところが、この時は違った

誰が見ても
「これは辛い・・・・本当に辛い」
と思う様な出来事でした

私は
ついさっきまで元気だった身内が
目の前でバラバラになって即死しようと
取り乱さず耐える自信が有ります

実際、それに近い経験を
19歳の時にしました

あれから何十年か経ち
神経はさらにふてぶてしく成長し
今じゃヤクザが叫び倒そうが
シャブ中が暴れようが
さほど気にならなくなってしまいました

でも、この時の出来事は
そんな私でも
耐えられそうにないものたったんです
 
 
その時はもう
悲しくて悲しくて

恥ずかしながら
シクシク三十六

いや
メソメソ泣いてました

すると主の御言葉が
心に響いて来たんです

貴方の悲しみは
全て私が引き受けます

引き受けますから
どうか今日一日は泣いて
明日からはいつもの貴方に
いつも明るく前向きで
エネルギッシュな貴方に
戻って下さい

この御言葉には
ただただ感謝しかありませんでした
活字で読んでも伝わらないと思いますが
主の優しさと思い遣りに溢れ
愛の波動がブワァッと
感じられる御言葉だったんです

こんなチッポケな私に
ここまで優しくして下さる

本当に本当に有難かった
 
 
以上は私の話でしたが
全ての会員を主は深く強く
愛して下さっています

会員以外の人をも
全宇宙の存在をも
主は愛していらっしゃるんですが
信仰で繋がった人間には
何か特別なものが
有るのかもしれません

辛い時、悲しい時
主はこの様な御言葉を念いを
私達に投げかけて下さっているんです

全ての会員にです

ほとんどの場合は
気付かずに終わるのかもしれませんけど
 
 
どうか、愛の神
エル・カンターレを信じて下さい

主は常に私達を見て下さっています
(霊的に、だよ)
どんな時も心に寄り添い
気遣って下さいます

これが創造主
これが造物主なんです
 
 
他の宗教なんかやってる暇無いですよ
今世は

どうか主との約束を果たすべく
幸福の科学に
支部に、精舎に
幸福実現党に
集って下さいませんか