淡路島の神に感動

スポンサーリンク

先日、徳島の聖地・生誕館に
車で参拝してきました

「別格本山」の称号が付されてから
初めての訪問でしたが
道中遊び過ぎた様で
肝心の参拝時にはイビキかいて
寝てしまいました

いやいや反省・反省

今回は、その道中
淡路島にて体験した
悲しくも有難いお話
 
 
淡路島に足を踏み入れた私は
一番最初の出口で
当然の様に高速道路を降りる

なぜって、高速道路は
単なる移動にしか思えず
少しも楽しくないから

とは言え、私の車は運転に
少し神経を使う
転がしてて楽しいのは楽しいんだけども
疲れるのは事実なり

淡路北で降り
ひたすら海沿いの道をトコトコ走る

景色の良さそうなスポットや
面白そうな所を見つけたら
サッと行きサッと楽しむ

獣道としか思えない道であっても
気にせずズンズン行く

んで、ふと見ると
出石神社なる小さな看板が見えた

するとズン!と来たんです

コーリングが
 
 
私は高天原出の身なれど
基本的に神道の知識が無い
笑ってしまう程に

恥ずかしながら
淡路の出石神社なるものを知らない

でも「おいでおいで」されたし
とりあえず行ってみよう

急斜面の山道をトコトコ登り
駐車場に着き
景色を楽しみつつも徒歩10分弱で到着

わぉ!可愛らしい社殿だなぁ

どんな霊人がいるのか不明なんで
(由来と霊人が違う事はよくある)

鳥居をくぐらず
門前にて居住まい正し
正心法語を黙読する
 
 
すると・・・・いらっしゃいました・・・・・・

第一声は
「もったいない」

ふ~ん、そうなんだ
正統派の神霊がいらっしゃるんだね

エル・カンターレに対し
敬意を表される神霊がいらっしゃるんだ

そして

妻には言葉が響き
子供にはビジョンが降りました

「前回は仲間と総出で
皆さんを護ろうと全力を尽くしましたが
叶わず心底悲しかった
今度はそうなるまい、と
準備している次第です」

どうやら
阪神淡路大震災を指している様です

子供が見たビジョンは

何人もの神霊が
天に向かって手を伸ばし
「護りきれなかったーーーー」
と嗚咽する姿

涙が溢れました・・・・・・

こんな小さな社殿の神もが
民を護ろうと
全力を尽くしておられるとは

全く創造主の直弟子としては
反省しきり

「次」が来る可能性高いのも
判明しましたね
(メインの場所は異なると思います)
 
 
その後、山を降りる道中も
私が事故しない様
護ってくれてるのがハッキリ解り
感謝でしかありませんでした

結界は山の裾野で終わりましたが

爽やかな気持ちを頂戴し
淡路島を後にする事が出来ました

また行かせてもらおうかな