菩薩や如来、等々~その他色々に対する根本仏のセッティング

スポンサーリンク

興味深い霊示を降ろされました

宗教の世界でよく聞く
「~菩薩」とか「~如来」とか
「~観音」とかの
敬称がありますよね?

言うまでもなく、あれは役職名であり
固有名詞ではありません

例えば、ですが
「薬師如来」と呼ばれる魂も
「普賢菩薩」と呼ばれる魂も
それぞれ沢山存在する訳です
 
 
そして、なんと

その役職を拝命した魂は
それに関係した悟りに邁進し易く
あまり関係無い悟りについては
熱意が持てない様なセッティングが
魂に施されてしまう、そうな
 
 
魂がある程度以上進化し
真理に役立とうとする
熱意がある程度以上に強い場合

さらに
能力的にその方向への適正が高く
尚且つ
ある程度以上
それが好きで喜びを得易い

そんな条件が揃った時

仏は、そんな「道」に
その魂を縛り付けます

「縛り付ける」と聞くと
どうにも聞こえが悪いですが

当人の為、大儀の為
仏はそうされる訳です
 
 
納得いってない方
いらっしゃるんじゃないでしょうか

ボンヤリ聞いてたら
とんでもない話に聞こえると思います

仏が魂を縛り付ける?
そんなバカな!
自由を尊重するのが仏だろ!

と思われるかもしれませんね
 
 
要は
そのほうが、その魂にとっては
より幸福なんです

さらに、それにより
その他の多くの魂の為にもなる

だからこそ仏はそうされるんです

特定の方向に魂が固定されるんですね

勿論、それを望まない魂に対しては
そんな事はされません

あくまで、当人の意思が
尊重されます
 
 
映画「宇宙の法-エローヒム編」
内にも、そんなシーンがありました

ヤイザエルがエローヒムに
「私の正義を体現する武器となれ」
みたいな事を言われ

悪を駆逐する存在へと
変身するシーンがありましたね?

あれです、あれ

あれと同じ事が
なんとか菩薩とか
なんとか如来とか
なんとか観音とか
呼ばれる魂達には
転生のどこかで起こった訳です
 
 
ちなみに

映画では理解し易くする為
あんな表現でしたけど
実際には
もう少し違った形になると思います