近眼を治す

スポンサーリンク

私は筋金入りのド近眼でした

何十年もの近眼歴を持ち
一般常識で言うなら
絶対治るはずのない近眼

0.1にほど遠く
眼鏡屋さんの店頭に置いてある
機械で測ってみたところ
0.07くらい
 
 
でも治せたんです

総裁選先生も仰ってましたね
何十年か前に

「近眼は簡単に治る」と

自力で治せるのが
心底信じられているなら
「治そう」と思えば
簡単に治るんですね
 
 
ですが、私達は長年
「近眼に一度なると進むのみで
治る事は決して有り得ない」
と刷り込まれていて
それを信じこまされています

これは大昔、業界に
世界中が信じ込まされた大嘘

だそうな

言うなれば陰謀ですな
 
 
この件に関し
ここ10年程の間に大量発生した
陰謀論を信じ、唱えまくる
劣等感の強い人達も
「陰謀だ!陰謀だ!」と
何故か言わない

ハイ、それは簡単

ネットに書かれていないから、ですね

彼らはディープなところまで情報を
取得しには行きません

だって、そこまでには
沢山の努力が必要だから

誰でも簡単に辿り着ける話を
検証する事もなく
いとも簡単に信じ込み

「陰謀だ!陰謀だ!
どうして誰も知ろうとしないんだ!」
と、ドヤ顔で騒ぎ立てる
 
 
それはさておき

私が近眼を治せたのは

一つ
仏の創られた世界を受け入れた事

二つ
物理的に眼を鍛えた事

この二つです

私の場合
治せる事は前々から信じていましたので
殊更に、
それを信じる必要はありませんでしたが
人によっては
まずそれを信じるところから
始めなくてはならないと思います

ですので、人によっては
クリアすべき条件が三つですね
 
 
何度か書いたと思いますが
人間の「見る」行為

英語で言うlookは
seeと違い対象物を引き寄せる作用です

(この言い方は実に三次元的で
あまり好きじゃないけど)
人が何かを見ようとすると
空間が歪む訳です、主観的に

時空は世間で思われている様な
カッチリとしたものではありません

伸びたり縮んだりするもので
意識の投影でもあります

ですので同じ情景を眺めても
見えているモノは人によって
全く異なります
 
 
すなわち
創造主が創られた世界を「見る」とは
その世界を「受け入れる」
とも言い換えられます

「全てを見る」には
「全てを受け入れる」必要があります

も一つ言うなら
全てを受け入れるには
全てを認識できる認識力も必要ですが

これが出来たら超高級霊だ
 
 
貴方は
メガネを掛けた人にどんなイメージを
お持ちでしょうか?

知的?不便そう?頭固そう?

人によって色々でしょう

言い難い事ですが
実は・・・・・・・・・・

メガネをかける人に共通した心象として

「視野が狭い」事が挙げられます

眼の悪い人
ゴメンナサイ~

でも事実なんですよ

某宇宙存在も某霊存在も
そう言ってました
 
 
仏の創られた世界の極一部しか
受け入れようとしない心が
視力の落ちる原因です
(三次元的に負荷が過ぎてなる近眼は
その負荷が無くなれば治ります)

この心がエボリューションすると
白内障等になる人もいます
 
 
私は自分の心が仏の世界を
受け入れていない部分が有る
事実に気付いてから
何十年もホッタラカシにして
近眼を治そうとはしませんでした

面倒だったんですよ
反省行するのが

まあ運転免許証更新がキッカケで
「治そうかな~メンドクセ~な~」
的だった重い腰を持ち上げ

何とか治しました

スッゲーめんどくさかった
 
 
私が近眼を治したの
普段メガネをかけていなかったんで
家族以外は誰も
気付きませんでしたけどね