霊力と聴力




先日ちょっとばかしショッキングな
経験を、してしまいました

一回り年上の方と打ち合わせを
する機会があったんです

その方とは
電話で何度か話した程度で
実際に会うのは初めて

喫茶店で待ち合わせしたんですが
席について一通り自己紹介した所で
異変に気付きました

相手の方、少し震えてるんです

「え?なんで?」

小難しい話をしてたので
それでかな?
それとも何かの持病?

色々考えましたが
打ち解けてくると相手の波動が
最初とはガラリと変わり
それと同期して震えも
収まりましたので
ひょっとして極度の緊張を
されてたのかもしれません
 
 
どうも私は一見強面に見えるらしく
現役のヤクザに同種族の人間と
勘違いされた経験もあったりします

HS関係の学校に保護者として行った時も
先生達に
「何でこんな人が来るの?
この人ホントに会員?」
みたいに見られて警戒されるし
(確かにHS会員は極端に大人しい人が
多く私みたいなのは珍しいのも事実)

普通に駅のホームを歩いてて
向かいから来る青年に
大げさに避けられた経験もあります
一瞬ジョークかと思ったけど
見ると目が真剣にビビッてました

一応私だって傷つくんですよね

他人に怖がられて喜ぶ趣味は
私にありません
 
 
そんな感じで、前述の商談相手も
私を怒らせると大変な目に遭わされる
と勝手に勘違いして
ビビッてたのかもしれません

ところが実際に喋ってみると
全然そんな人でないのが判明し
安心した、そんなところでしょうか
 
 
実は
私が暴力的な人に見える理由は
解っています

過去世に軍人等の戦闘的なものが
多いのが原因です

でも今世はそんな経験
ほとんど無いんですけどね

とは言え荒っぽい事に慣れっこなのは
今世も変わらず、で

それが日常生活で支障を来す事も
あったりする
 
 
例えば
 
 
霊力が弱い人の声は聞き取りにくく
目の前で喋られても
音自体は耳に入ってくるものの
意味が頭に入ってきません

何度も何度も聞き返す羽目になり
申し訳ないやら失礼やら、で
困ってしまいます

あまりにも聞き取れないんで
相手が妙齢の女性であるにも関わらず
顔から20センチの所まで近づいてしまい
恐がられる事もあったりする

これと反対に
霊力の強い人間だと
小声で喋られてもチャンと聞き取れます

ちなみに聴力検査では
何の問題も無いんですよ、これがまた

恐らくそれと同期してる現象として

自分ではよく判らないんですが
私は声が大きいそうです

レストラン等
静かに喋るべき場所に行っても
地声が大きい為、思う様に喋れません

同じく戦う魂である友人にも
言われました

「お前が喋ると強い波動がドン!
と来る
怒鳴ったりしようものなら
物凄い波動がドカーン!と来る」
そうな

そう言えばこんな事も

昔々、そのまた昔の大昔
long, long time agoの悠久なる過去

奈良の友人の所へ
子供連れて遊びに行った時のお話

奈良と言えば大仏
大仏と言えば東大寺
東大寺と言えば奈良公園
奈良公園と言えば鹿

鹿ちゃん達はいつもお腹がペコペコ
だから鹿煎餅なんてものを
奈良公園では売ってて

その辺をウロウロしてる野生の鹿に
あげて遊ぶんですが

子供達が煎餅あげてると鹿達
大群でやってきて取り囲まれてました

面白そうなんで私も煎餅あげよ~、と
その大群に近づくと

パァーーーーーーーッ・・・・と

蜘蛛の子を散らす様に鹿ちゃん達
逃げていってしまいました、とさ

子供達大爆笑
私→→→
解ります?
どんだけ悲しいか・・・・・・
 
 
ああ・・・・・・肝心な事
書こうと思ってたのに
どうでもいい与太話に終始してしまった

とりあえず思考してみてね
霊力について

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ