アドセンス



雑記

自己認識のギャップ

更新日:

もし貴方が御自分に
いまひとつ自信が持てない

そんな人ならお尋ねします

「貴方は自分が多くの他人から
どう見えるか冷静に観察した経験
無いのではないですか?」

もしくは
「貴方がお持ちの自己イメージと違う
高評価を,身内を含む他人から
頂いた事ありませんか?」

貴方はどちらかに
ひょっとすると両方に
イエスかもしれませんね

手前味噌で下世話な話で恐縮ですが
私自身の経験をお話させて頂きます
 
 
 
私が以前書いた記事にこんなものがあります

この中で私が私の事を
「オシャレな男」の様に表現していますが

私は自分の事をカッコイイとも
ハンサムだともオシャレだとも
思っていませんし思った事もありません
どこにでもいるごく普通の平凡な男です

ではどうしてこんな表現をしたか?ですが

話は子供が幼稚園に
通っていた頃になりますので
もう10年以上前の事ではありますが・・・・
 
 
 
その頃私は起業したばかり

勤め人でないメリットを生かし
幼稚園のお迎えを毎日していました

幼稚園のお迎えなんて
知ってる人なら分かるでしょうが
男は限りなくゼロに等しい世界です

ほとんどが若いお母さん

私は本質的に女性に対し
あまり興味がありません

ですのでお母さん方の顔も
ろくに見ていませんし
名前なんて一人として覚えていない状態
(本当は顔も覚えていませんでした
失礼な男ですよ私は)

そんなある日
なんだかお母さん達の「空気」が
妙であるのに気がつきました

「何だろ、これ?・・・何だか変」

鈍感な私は長きに渡り
気がつかなかったんですが

お母さん達が
私のファンクラブを作っていたそうです

ウッソー❗❗❗❗❗❗ですよね

妻が友人から
コッソリ教えてもらい判明しました

「ご主人をカッコイイって
幼稚園の皆がファンクラブ作ってるわよ
バカじゃないの!
何の下心も無いご主人に向かって・・・」

しかり・・・・・・私もバカだと思います

そのファンクラブには10人以上が所属?
していたそうですが
私の考えでは
男が少ない故の
希少価値とでも言いましょうか
プレミア性が彼女達の思考回路を
狂わせたんだと思います

しかし
それまで私は自分の事を
「誰から見ても平凡で
可も無く不可も無い男」
と認識してたんですが

この経験から
「ほぉ~~・・・人によって見え方
感じ方が極度に違うもんだな~
それにしても
女って下らん事ばっか考えてるんだな~
愛する子供を迎える場所で・・・
頭の中は男一色か?・・」

と大いに学ばせていただきました
(大いに軽蔑させていただきました)
 
 
 
どうでしょう
私が何を言いたいか?
もうお解かりではないでしょうか

貴方は御自身の事を
「何の価値も無い人間」の様に
感じているかもしれません

しかしながら、他人からもそう見えている
との確証はあるのでしょうか?

無い

でしょ?

そんな言葉を他人から
浴びせられた人もいるやもしれませんが

そんな事を他人に言う行為自体
決して褒められたものじゃありません

その言葉を放った人こそが「幼稚だ」と
非難されるべきであって
貴方の価値が減ずる訳では
決してありません

confidence.jpg

どんな人でも、口から発する言葉の中には
数多くの嘘が含まれています

その理由として
1:言葉の微妙な定義は
100人100通りである故
伝えようとした意味と異なる意味で
相手に通じてしまう

2:自分の考えを言葉で相手に
正確に伝える術を
日本では学ぶ機会がほとんど無い
よって自分が放った言葉を
相手がどう受け止めるか
これを解さず喋る人が、かなり多い

3:自分自身が今
「何を、どう考えているか」
これさえ把握せず喋る人が非常に多い
よって、その類の人が喋る言葉は
真意を推測する必要がある

こんな所から
人は本当の事を中々言わない(言えない)
ものです

他にも受け取る側の問題として

受け取る側の心境により
入ってくる情報には全て色眼鏡が掛かる
自信ある人は見るもの聞くもの
全てが明るく見え
自信ない人には、その逆に見える

といった事も起こりますが
これは主観の問題ですね
 
 
そんな人達の
(言葉を発した当人にとっては軽い)
言葉によって貴方は
傷ついているのではないでしょうか

貴方が受け止めた様な意味で
相手は貴方に言ったのではないかも
しれませんよ

他人が何と言おうと
貴方の人間としての価値が下がる訳でも
減る訳でもありません
言葉を発した人間の
値打ちが下がるだけです

それに
ある人が貴方を気に入らないとしても
他の人も同じとは限りません
他の人が全て
同じであるはずがないですよね

それに万人に好かれる人間なんて
いる筈ないじゃありませんか

もう一つ

本当はこれが一番大事なんですけど

他人が何と言おうと何と思おうと
貴方の
ダイヤモンドのごとく輝く価値には
一切関係無い話じゃないでしょうか

他人は所詮他人ですよ

私はそう思います

AdMax

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ





-雑記
-, ,

Copyright© 私が信じてやまない幸福の科学 , 2018 All Rights Reserved.