アドセンス



オカルト 雑記

烏天狗型宇宙人 part1

更新日:

先日
お気の毒な宇宙人と接触したんですが
今回は、その時のお話
 
 
妻と二人、行く当ても無く
車で一週間掛けて旅行したんです

行く先々で宿を見つけ
空きが有れば泊まり
無ければファッションホテルに泊まる

そんな風来坊の様な旅行だったんですが

とある山村で
奇妙な光景に出くわしました

車で走りながら、ふと上を見ると

しめ縄に似てるんだけど
ちょっと感じが違う・・・・・・・・

神道的な飾りには違いないんだろうけど
私達にはハッキリと解りません

その「しめ縄もどき」が
道路を跨ぐ形で張られてる

要は何かの結界ですな

そこにある集落も
不思議な波動が漂ってます

「おいおいおいおい・・・・・・・・・・・・
ヤバイ所に来たんじゃねーのコレって
こりゃ呼ばれたな・・・・・クソッ」

そうです

いつの間にやら、どこかの霊存在に
結界の中に引き入れられていたようです

霊的に鈍感な人には
何の害も無い場所であっても
敏感な人間だと致命傷になる
そんな事があります

「まいった・・・・・ヘタに出ようとしたら
やられるな、これ
ま、どんな奴が出てくるか?
楽しもうぜ♪」

て訳で缶コーヒー買って
音楽聞きながら進んで行きました
 
 
ところが

適当に走り過ぎたお蔭で
自分が今、どこを走ってるのか
皆目分からなくなっちゃいました

なんせ計画性の無い夫婦ですから

仕方なく
グーグル先生に聞いてみたところ

少し行った所に何やら
面白そうな遺跡がある、との事で

こりゃ行かなくっちゃ

ひょっとすると
神代の時代の霊人が出てくるかも~

狭い道をどんどん上って行くと
何やら不思議な光景が現れました

そこは鍋倉渓と呼ばれる場所で
烏天狗の人形が飾られてます

「あれ?これか?
烏天狗か?呼んだのは?
ほんじゃ宇宙人じゃん!」

よく解らないまま
妻とちょっとした山登りをしたり
記念撮影したり

それなりにデートを楽しんだんですが

結局、その時には
それ以上の事は何も分からず
その場を後にしました
 
 
ああ、そうそう
妙な声は聞こえましたよ
一瞬

その時は
てっきり鹿か何かが私達を警戒して
出した声だと思ったんです

後で解った事ですが
それは宇宙人の肉声(霊声?)でした

「ぐうううぅ・・・・」

こんな声が山の中で聞こえてきたら
誰だって動物の声だと思いますよね
 
 
烏天狗型宇宙人 part2に続く

AdMax

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ



-オカルト, 雑記
-, , , ,

Copyright© 私が信じてやまない幸福の科学 , 2018 All Rights Reserved.