アドセンス



コメント

大川 隆法総裁先生の方便

更新日:

コメント欄から質問頂戴しました

>与国さんの言う陰謀論を
>どう思っておられますか?
>またイルミナティーや
>ニューワールドオーダーなどについて
>どうお考えでしょうか?
 
 
え~っと
恥ずかしながら私
その「与国さん」て方
詳しくは存じ上げません

それに、世に有る陰謀論の数々ですが
それにも特段の興味がありません

だって
一般大衆が知らない間に
特定の人達の利益の為に進められる
プロジェクトの事を「陰謀」と
表現するのならば

昔から、そんなの無数に有りますからね
いちいち拘ってたら
人生何も出来ずに終わってしまいます

人の一生は短いんですから
何をするか?に
フォーカスして過ごさないとね

別な表現ですと

知らなくてもいい事
とも言えます

どうして貴方様は
陰謀に興味がお有りなんでしょう?

陰謀なんて秘密結社の
専売特許でもなんでもありません

世界が動かされる陰謀なんて
アチコチの企業でさえやってます

それと・・・・・・・・・・
失礼だとは存じますけど
ひとつジックリ考えて欲しいんです

貴方様
心の底に劣等感を抱えてませんか?
そっちを解消する方が
より重要じゃないでしょうか?
 
 
ちなみにこれは
宇宙人に教えてもらった話ですけど

はるか太古から
全地球規模で進められている
「ある計画」が有ります
地球外生命体がやっているんですが
イルミナティーや薔薇十字団や
フリーメーソンの類が
ママゴトにしか思えない
大きな大きな影響を
全人類に与え続けています
ですが
総裁先生は、あえて口外されません
(私も書く気はありません)
 
 
>私としては、総裁先生は方便で
>今は語らない陰謀論もあるでしょうし
>霊言であっても、霊査であっても
>話さない事や真実とは違う事を敢えて
>言っている事もあるかとは思っていますが
>このまま方便を通したままだと
>時代が下ると霊言の真偽が
>分からなくなってくると思います

ん~~~
方便は全ての法話にタップリと
含まれてますよ

霊言が特に多い訳でもないと思います

試しに
「太陽の法」を、もう一度
ジックリ読んでみて下さい

深読みするんですよ
それも徹底的に
言葉一つにも拘って

バラバラと出てきますから
大量の方便が

要は
本当の事を言っても書いても
読者が信者が理解でき
悟りが上がらなければ
何の意味も無いんです

さらに言うなら
真実とは
必ずしも真実にならない場合もある
て事です

それを知った人間には「害」でしかない

時期が合わなければ
そうなってしまう事だって有ります
 
 
さらに
総裁先生のなさる仕事は
あくまで「一対多」である以上
最大公約数でしか表現できません

それにより
後世の人達の中には
誤解する人もいるでしょうし
正しく理解しようとする人もいるでしょう
そんなものですよ

でもね

どれだけ後世の人が頑張っても
どれだけ優秀な人であったとしても
現代日本人以上には総裁先生の話される
現代日本語を理解するのは無理です

なぜなら
言葉とは風俗習慣等に
強く結びついていて
同じ言葉であっても
100年もすればニュアンスが
かなり異なってしまうからです
(人々の感受性が変化してしまう)

同時代・同じ国に暮らす人間でなければ
細かなニュアンスは感じ取れないんですよ

試しに
100年前の文学を原文で読んでみて下さい
当時の世相が解らなければ
到底理解できない部分が出てくるはず
 
 
だからこそ僧団が大事なんです
 
 
「法」は人間が伝えなければ
正しく後世には伝わりません

総裁先生のお言葉を500年後の人が聞いて
現代日本人と同じ様に
理解できると思いますか?

何の補助も無しで、なんとか通じるのは
せいぜい100年でしょう
それとて
アウトラインがいいとこだと思います

(その頃の言葉に翻訳できた、としても)
1000年後の人達なら、激しく曲解します

3000年後の人達は、全く理解できません

職員の方達って大変ですね~ハハハハ
 
 
 
一つだけ最後に・・・・・・・・

総裁先生をただただ信じる事です
エル・カンターレを信じきる事です

私は物事の裏を観察するのが趣味ですので
当サイトには色々そんな事書いてますが

先生が仰る事を学ぶだけであっても
十二分に今世は充実しますよ

それどころか他を学ぶ事により
肝心の信仰心が育たない様であれば
「それら」は貴方様にとっては
害悪でしかありません

それを覚えておいて下さると
ムチャクチャ嬉しいです
 
 
まだまだ貴方様の質問には
答えきれていないと思いますが

今日のところはこれにて

AdMax

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ



-コメント
-, , , ,

Copyright© 私が信じてやまない幸福の科学 , 2018 All Rights Reserved.