アドセンス



雑記

偵察用グレイかっ!

投稿日:

我が家では

夕食

家族全員で夜の祈り

と言いつつ実はバカ話で盛り上がり
ガハハハと笑い倒す
 
 
こんなパターンが多いんですが
先日そのバカ話タイムに、珍しく私が
真理の解説を家族にしてたんです

この時点で私は何かの気配を
部屋の隅に感じていたんですが
そんなのよくある事ですので
気に留める事もなく喋ってたんです、が

そのうち一人が壁を指さし
驚愕の表情を浮かべてるのに
気が付きました

訊ねる私
「どしたの?」

「あそこにカマキリがいる」

「はぁ?カマキリ~?」

「ものすごく大きいのがいる~!」

全員で見るも、そんなものいません

「いないぞ?・・・・・・・・?????
ん?ひょっとして宇宙人の事か?」

「そうそう!そうだよ!」

「けっ!くだらねー
どーせ偵察用のグレイだよ
どんな形してる?」

「カマキリに似てて目が大きくて
首が太くて長い・・・・・・・」

そいつは霊視が利くんです
 
 
こんなの慣れっこの我が家のメンバーは
一斉におちょくり始めます

「勝手に入ってきちゃダメでしょ~
拝観料払ってちょーだい」

「不思議な能力ください!」

「彼女作り放題の力くれ!」

「FXのチャートの先が見える
能力ちょ~だい」←私・・・・orz
 
 
そんな事言ってると
 
 
行ってしまいました・・・・・・・・・・

「この布教所は全員バカの様だから
偵察の必要は無い」
と思われたんでしょうか?

返す返すも残念です

もう少しで大富豪に
なれたかもしれないのに・・・・・・
 
 
ここで気が付いたんですが

「その存在」がいたのは
部屋の外ではなく中でした

もしインビジブルモードなら
物質として干渉できる訳で

捕まえときゃ良かった
と激後悔しました

仲良しになっておけば良かった
と後悔しました
 
 
 
追伸

ある日突然
当サイトの更新が止まったら

私達家族はどこかの星に拉致され
面白おかしく暮らしていると思います
心配しないで下さいね

AdMax

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ



-雑記
-,

Copyright© 私が信じてやまない幸福の科学 , 2018 All Rights Reserved.