仏の出されたテスト その2




先日、仏にテストされた
と書きましたが

それが解けてないうちにまた
出されちゃいました、テスト

まいったな~
 
 
ある日の事、いつもの如く
妻とドライブしてました

海を見に
スッゴイ綺麗な夕日が見れる
と評判の高台にある
展望台に向かったんです

高台に在るって事は
登る訳ですよ

クネクネした道を

すると

どーやったらこんな広い道で
こんなクオリティの高い脱輪できるの?
みたいな不思議な脱輪、と言うか
車体の前半分を溝に落としてる
女性ドライバーに出会いました

私が通りがかった時は
すでにバイクの男性が一人
救助してたんですが

あまりにも強烈な脱輪故
男一人の力では助けられない様子

いつもならば
一目散に助けに行く所ですが
この時は妻と夕日を見く途中

くぅ~・・・・・・・・・

どうしよう

交通が、ほぼ無い道だし
見捨てたら困るだろうな~

でも・・・・早く行かないと
日が沈んじゃう~

助けようか、どうしようか
一瞬迷いました
 
 
まあ結局、助けたんですが
かなり大変でした

脱輪なんて生易しいものじゃなく
車半分がガッポリ溝に落ちてます
後輪、宙に浮いちゃってるし

つーか
どーやったらこんな広い道で
(2車線あります)
ここまで凄まじい脱輪できるんだよ

脱輪つーより
事故だよこれ、事故
 
 
車の下側は地面に密着しちゃってて
ジャッキを入れるスペースも何も
全く無し
力技で持ち上げるしかありません

ひょ~

文句言っても始まらないので
バイクのおにーさんと二人で
車のフロントを持ち上げ
フロントタイヤが少しでも
地面に接触したら
すかさず女性がバックさせる
こんな作戦

スゲー重かったです

まあ車がフィットだったんで
何とか持ち上げられましたが

死にました

「おねーさんバックと間違えて
前進されたらオレ達死ぬな~」
なんて、はしゃぎながら
楽しく力仕事させて頂きました
 
 
でもね
 
 
これで仏の採点は出ましたね

まあ良くて5点て所でしょう

なにせ一瞬見捨てようかどうか
迷ったくらいですからね

仏のテストは本心が求められます

今回、私の本心は
困ってる女性を助けるより
妻と綺麗な夕日を見る方が
優先されてました

よって失格です
 
 
汗を拭き拭き展望台に着いた頃には
もうお日様は海に沈んだ後でした

チャンチャン

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ